August 27, 2017

Please reload

最新記事

MAX 7 シンセサイザー基礎2

August 25, 2017

LFOについて。

LFOとは、Low Frequency Osillatorの略称で、可聴範囲を超えた非常に低い周波数で動作するオシレーターのことである。

低い周波数とはつまり、例えば1秒間で-1〜1の範囲を数回繰り返すようなパラメーター発生機とも言い換えることが出来る。このLFOによって、周波数や音量、フィルター特性等様々なパラメーターをコントロールすることが可能だが、ここでは、LFOによるビブラート機能を作成する。

 

 

例えばLFOとして、cycleオブジェクトを選び、1秒間に2回周期のシグナルを出力させる。

そしてそのシグナルに任意の値xを乗算させることで、1秒間に-x〜xの範囲のシグナルが出力されることとなる。

 

そして次に、phasorオブジェクトを用意し、設定した周波数Fに、上記のシグナルを加算させる。すると、最終的に出力される周波数は、F-x〜F+xの揺れるシグナルを発生させる。

 

 

 

レコーディング方法

簡易シンセから発生するサウンドをレコーディングしたい場合の保存方法は、sfrecordオブジェクトで行う。まず、openメッセージを繋いでダイアログを開き、保存したい場所を指定した後、toggleオブジェクトによって[1]を与えればレコーディングを開始し、オフ時の[0]を与えれば停止する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • SoundCloud Social Icon

■当サイト音源や動画を著作者の許諾なく、営利目的・商用使用することを禁止します。

■著作物を個人的に楽しむ場合などを除き、著作権利者の許諾を得ないで複製 (録音)などを行うことは、著作権法で禁止されています。

Copyright © 2015 kuu-sou sound creations. All Rights Reserved.