August 27, 2017

Please reload

最新記事

MAX 7 lcdとカラーパレットの作成

July 15, 2017

 

p.281〜

 

 

 uziオブジェクトと

{moveto, lineメッセージ}を使用して、256色のカラー縦線を作る。

まず、movetoとlineによるメッセージが何を指定するメッセージなのか説明しよう。

{moveto x y, line α β}としたとき、その関係性は右のようなものを示す。つまり、線であるlineの長さそ指定し、それがxまたはyそれぞれどこから開始するかを指定することが出来る。

 

簡単に例を作ってみる。次の図を見てみると、まず、線のはじまりを示すxy座標は、100, 20であり、そこから線がのびている。

 次に、そこからの線の方向性と長さであるが、150をx軸方向

30をy軸方向へ行った先に着地する線となるので、斜め右下へ降りたようなものとなるのである。

 

では、実際にからパレットの作成へ移ってみよう。

まずはカラーバリエーションは256であるから、lcdのサイズを256×200に設定する。

 

uziは第3アウトレットから連続した数値を出力する。次に、uziオブジェクトで一気に256段階分の出力を行うなうわけであるが、uzi 256のままだと1〜256までとなるため、0が出力されない。そのため、-1オブジェクトによって0〜255段階の出力に変更する必要がある。

 

また、lcdオブジェクトはデフォルトでは黒ぶちの枠線があるが、これを解消したい場合には{border 0}メッセージを入力すれば枠線がなくなる。

これで、下図のような256カラーラインが表示できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • SoundCloud Social Icon

■当サイト音源や動画を著作者の許諾なく、営利目的・商用使用することを禁止します。

■著作物を個人的に楽しむ場合などを除き、著作権利者の許諾を得ないで複製 (録音)などを行うことは、著作権法で禁止されています。

Copyright © 2015 kuu-sou sound creations. All Rights Reserved.