MAX 7 line~オブジェクトと音設定

番外編

かつて数学に対して解ける楽しさを知っていた自分にとっては、

その頃の努力や好奇心が今尚続いているような気がして、どこかワクワクしているのである。

さて本日は、line~オブジェクトについて。

「〜」は音声信号を意味しており、パッチコードも、太い点線となって現れる。

基本的にlineオブジェクトは、

『現地点からAまで、○○msで移動する。』

という指示のオブジェクトである。

ここでは、LINEオブジェクトの第一インレットに、「A ○○」というメッセージを送ることで、Aの値まで、○○msで到達するという信号を作る。

また、第2インレットへ秒数(ms)を入力してから第1インレットへ数値を送ることでも、その数値へ○○msで到達するという信号を作ることができる。

右の図においては、5秒かけて0から1へ音量が上昇していくプログラムである。

↑ また、上記のプログラムは、0.5msかけて1.0(最大値1.0、最小値0.0)に到達する信号と、10msかけてに0.0に到達する信号があり、さらに0へ到達するメッセージの方へdelay10msを送り、結果、20ms後に0.0に到達する信号が、444hz周期で発生し続けるというプログラムである。

タグ:

最新記事
アーカイブ
タグから検索
  • SoundCloud Social Icon

■当サイト音源や動画を著作者の許諾なく、営利目的・商用使用することを禁止します。

■著作物を個人的に楽しむ場合などを除き、著作権利者の許諾を得ないで複製 (録音)などを行うことは、著作権法で禁止されています。

Copyright © 2015 kuu-sou sound creations. All Rights Reserved.