最新記事

August 25, 2017

今回は、MIDIコントローラーの鍵盤を弾く強さ、あるいはksliderをクリックする上下位置(鍵盤の奥に行く程大きくなる)、つまりはベロシティによって実際のサウンドに強弱をつけるパッチを作る。

ベロシティは、0〜127までの整数のため、これを0〜1へ変更したいので、[/ 127]を用いて変換する。デフォルトで0〜127の整数メッセージを出力するオブジェクトが多くあるので、この行程は覚えておきたい。いつでも呼び出せるようにサブパッチを作っておくのもよいであろう。

ちなみに、次のパッチでは、stripnoteオブジェクトを挟むことで、ノート...

August 25, 2017

line〜オブジェクトは、2つの数値を受け取ると、それを"目標値"と"目標値までの到達時間"と解釈して、現在地点と目標地点の2点の間を滑らかに結ぶ補完作業を行う。

これによって、例えばボリューム操作を行う時の、波形の不連続が起こすクリックノイズを解除することが出来る。また、ボリュームだけではなく、周波数やその他様々なオブジェクトのパラメーターを滑らかで連続的にコントロールしなければならない場面に重宝するオブジェクトとなる。

これと関連して、gainオブジェクトがある。gain オブジェクトは垂直スライダーと形状がよく似ているが、シグナル...

July 27, 2017

番外編〜その2〜

以前投稿したline~オブジェクトについて、現在進んでいるオーディオ処理項目匂いて改めて重要な点に気付いたのでメモしておく。

内容は、line~オブジェクトによるクリップノイズの回避についてである。

下のようなmtof(MIDI to Frequensy)プログラムを作成し、functionオブジェクトによって音のエンベロープ

設定を行う。

 さて、ここでは、エンベロープで書かれた信号をline~オブジェクトに送るわけである。エンベロープオブジェクトについては改めてこの先記事を作っていくが、描かれたエンベロープ情報は第2アウ...

July 10, 2017

番外編

かつて数学に対して解ける楽しさを知っていた自分にとっては、

その頃の努力や好奇心が今尚続いているような気がして、どこかワクワクしているのである。

さて本日は、line~オブジェクトについて。

「〜」は音声信号を意味しており、パッチコードも、太い点線となって現れる。

基本的にlineオブジェクトは、

現地点からAまで、○○msで移動する。

という指示のオブジェクトである。

ここでは、LINEオブジェクトの第一インレットに、「A ○○」というメッセージを送ることで、Aの値まで、○○msで到達するという信号を作る。

また、第2インレットへ秒数(...

Please reload

August 27, 2017

August 24, 2017

August 23, 2017

August 23, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索