• SoundCloud Social Icon

■当サイト音源や動画を著作者の許諾なく、営利目的・商用使用することを禁止します。

■著作物を個人的に楽しむ場合などを除き、著作権利者の許諾を得ないで複製 (録音)などを行うことは、著作権法で禁止されています。

Copyright © 2015 kuu-sou sound creations. All Rights Reserved.

August 27, 2017

polyオブジェクトは、ホールド状態の音数を制限するオブジェクトである。

アーギュメント内に指定された数値分だけ音数を通過させるが、それを超えたものは出力しないようになっている。また、超えた数値は最右アウトレットからそのノートナンバーとベロシティがリスト化...

August 26, 2017

loresオブジェクトは、IIR構造をもつレゾナンス付きローパスフィルターである。

第3インレットに、レゾナンスの値を0〜0.99....の範囲で入力することで、カットオフ周波数付近での共鳴の度合いと、スロープの傾きをコントロールする。

ただし、レゾナンス値...

August 26, 2017

基本的なフィルターの種類。

・ローパスフィルター

ローパスフィルターは、低い周波数隊を通過させ、高い周波数隊を通過させにくい周波数特性をもつ。

フィルターを通過することにより、元の振幅が3dB下がる周波数ポイントをカットオフ周波数と呼び、これはフィルターの特性...

August 26, 2017

ioscbankオブジェクトによる加算合成の続き。

ioscbankオブジェクトの第1インレットへ、[set ,インデックス0番の周波数, 振幅, インデックス1番の周波数, 振幅, ...]というリストを送ることでも活用できる。

一見少しややこしいが、次の...

August 25, 2017

加算合成は、音響合成の第一歩であり、理屈上ではこの方法であらゆる音色を合成することが可能であるはずである。しかしながら、現実に耳にする複雑な音は、数多くの部分音で構成されており、それらのバランスも刻々と変化している。これを加算合成で再現しようと思えば、膨...

August 25, 2017

LFOについて。

LFOとは、Low Frequency Osillatorの略称で、可聴範囲を超えた非常に低い周波数で動作するオシレーターのことである。

低い周波数とはつまり、例えば1秒間で-1〜1の範囲を数回繰り返すようなパラメーター発生機とも言い換える...

August 25, 2017

シンセサイザーの心臓部は、様々なサウンドを作り出す音響合成部であろう。

ここでは、その第一歩としてフィルターによる音色の変化を試してみる。これはアナログシンセサイザーでもよく知られた方法で、音響合成では減算合成といわれるテクニックの初歩的なものに当たる。

M...

August 25, 2017

functionオブジェクトは、サウンドにエンベロープを設定するオブジェクトである。

パッチ上におかれたfunctionオブジェクトは、グラフィカルなエンベロープ・エディターとして機能する。

エディターのY軸はエンベロープのレンジを表し、初期設定では0〜1に...

August 25, 2017

今回は、MIDIコントローラーの鍵盤を弾く強さ、あるいはksliderをクリックする上下位置(鍵盤の奥に行く程大きくなる)、つまりはベロシティによって実際のサウンドに強弱をつけるパッチを作る。

ベロシティは、0〜127までの整数のため、これを0〜1へ変更し...

August 25, 2017

line〜オブジェクトは、2つの数値を受け取ると、それを"目標値"と"目標値までの到達時間"と解釈して、現在地点と目標地点の2点の間を滑らかに結ぶ補完作業を行う。

これによって、例えばボリューム操作を行う時の、波形の不連続が起こすクリックノイズを解除するこ...

August 25, 2017

今一度、MIDIノートナンバーを整理する。

MIDIノートナンバーは、MIDIコントローラーの鍵盤左端から順に0〜127の数値を割り当てたもので、これによって音高、すなわち音程・ピッチを表すものである。

例えば、中央のドは60、ラは69等となる。1オクターブ...

August 24, 2017

scopeオブジェクトを用いて、波形を視覚的に表示させるパッチを作る。

cycleオブジェクト(sin波)から直で接続する場合と、ボリューム処理後を表示させる。

phasorオブジェクトは、ノコギリ波を出力するオシレーターオブジェクトである。scope表示で...

August 24, 2017

ノートメッセージを分析して、数値を報告するオブジェクトとしてboraxオブジェクトがある。

boraxオブジェクトは9このアウトレットをもち、それぞれからノートオンごとのカウントであるボイス番号や、ノートナンバー、ベロシティ、前のノートオンからの経過時間で...

August 23, 2017

ノートメッセージにおいて、ノートオンが送信された後に必ずノートオフが送信されなければ、"音の鳴りっぱなし"という現象が発生する。実際にMIDIを扱うプログラムを進めていると、ノートオンに対応すべき適切なノートオフが送信されないケースもある。

例えば、not...

August 23, 2017

bendin/outオブジェクトは、発音中の音の高さ(ピッチ)を連続的に変化させる目的で使用されるものである。

次のパッチでは、bendinオブジェクトによってピッチベンドメッセージを受信し、また、dialオブジェクトをドラッグしてメッセージを送信すること...

Please reload

最新記事

August 27, 2017